ブログ

HOME医師の紹介当院のご案内診療案内初心の方へ交通案内


 
<スマホサイトQRコード>
HOME»  ブログ»  ご相談例»  【ご相談例】「花粉症なんですけど、内科でお薬いただけますか?」

【ご相談例】「花粉症なんですけど、内科でお薬いただけますか?」

【ご相談例】「花粉症なんですけど、内科でお薬いただけますか?」

*************************************************

【ご相談例】
「花粉症なんですけど、内科でもお薬をいただけますか?」



医師  「もちろん、当院でできますよ。いつものお薬と一緒に処方しましょうか。」

患者様 「そうなんですか。内科でもお薬だしてもらえるんですね~。」
血圧や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病で定期的に通院されている
患者様との、春先になるとよくあるやりとりです。

患者様にとりましては、
「この症状はどの診療科に行けばよいのか?」
なかなかわかりにくいものです。
花粉症は当院のような内科でも処方しております。

かかりつけの医師に相談してみてください。

【眠くなりにくく、仕事や日常生活に支障の出にくいお薬もございます】
さらに、花粉症のご相談に多いのがこんなことです。

「これまで、市販のアレルギー薬を飲んだら、眠くなって困った」
「市販薬を飲んだら、のどがカラカラに乾いて、鼻もヒリヒリするほど乾いてしまった」

このような問題が起こりにくいお薬がございますので、
ご相談ください。

そして、費用のご質問もいただくことがございます。



花粉症の薬について】
年明けとともに、増えた印象があるのが、インフルエンザの患者様と
花粉症の症状を訴えられる患者様。
ドラッグストア等で購入することもできますが、実際、ご質問いただくことも多いのが
コスト面のお話。
【費用面の比較】 処方薬と市販薬 
《アレグラで1カ月間の費用を比較》
■市販薬 約4,000円
■医療機関で処方 2,000円前後~3,000円弱(3割負担の方)(※注1)



花粉症の薬 アレグラでの比較
【服用時期、期間について】
花粉症のお薬は症状が出たら早めに、もしくはシーズン前から
飲み始めてください。
また、服用後、症状が落ち着いたからと言って、自己判断でやめなずに、
花粉飛散時期が終了するまで服用を続けることがポイントです


季節性のアレルギーの方で少なくとも1ヶ月以上、
だいたい3ヶ月間位は服用されることが多いです。
また、通年性のアレルギーのある方(ハウスダスト、ダニ、ペットなど)は
年間通して服用されています。
  
 
【安心・安全に服用いただくために】

他の薬との飲み合わせもありますし、長期間、服用する薬なので、
本来は医師の判断のもと服用する方が安心・安全です。
最近ではドラッグストアやネットでも購入できるようになりましたが、
費用面では、市販薬は処方薬よりもだいぶ価格が上がります。

通院できない方などはご利用いただくことも選択のひとつだと
思いますが、服用が長引くようでしたら、一度、医療機関に
相談されることをおすすめいたします。
 
※市販薬販売会社のサイトにも、2週間以上服用する場合には、
医師、薬剤師に相談する旨、記載があります。


(※注1)
初診、再診の別、ジェネリック薬品か先発品か、
または既に他の疾患で通院されている場合などにより変動があります。


 

*************************************************

    高山クリニック TEL:03-5750-0078

*************************************************

2018-01-13 22:28:00

ご相談例   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント