ブログ

HOME医師の紹介当院のご案内診療案内初心の方へ交通案内


 
<スマホサイトQRコード>
HOME»  ブログ»  花粉症・アレルギー»  【花粉症】つらい時は『飲み薬』+『点鼻薬』や『点眼薬』で乗り切りましょう

【花粉症】つらい時は『飲み薬』+『点鼻薬』や『点眼薬』で乗り切りましょう

【花粉症】つらい時は『飲み薬』+『点鼻薬』や『点眼薬』で乗り切りましょう

*************************************************

【花粉症 『飲み薬』『点鼻薬』『点眼薬』で症状に合わせた治療をしましょう】

桜の開花情報が話題にのぼる今日この頃、
東京都内も一気に気温が上昇‼
今年の花粉の飛散はすさまじいですね。

長く通院されていらっしゃる患者様も、

「今年はとくに辛い」
「今回は鼻水が止まらなくて仕事にならないんです」
「今日は花粉がすごくて、目がくしゃくしゃして困ります」


など、例年よりも症状が重い様子がうかがえます。

このように、とくに辛い時期には、『飲み薬』に加えて

◆『点眼薬』(目薬です)
◆『点鼻薬』(鼻腔に直接噴霧するスプレー式のお薬です)


などを併用すると、かなり楽になられるようです。
(私自身も花粉症で、点鼻薬は手放せません・・・)
 
【実はもったいない!? 例年は市販薬で済ませていたのですが、、、】

私事ですが、先日、床屋に行ったときの話です。

理容師さん:
「先生、今日は花粉がすごいですね~。
毎年市販薬で乗り切っているんですけど、友達にそのことを話すと、
「病院行った方がいいよ、(市販薬お金かかっちゃうから)もったいないよ」
と言われちゃうんですよね~。」

という会話が飛び出しましたが・・・

はい、私もそう思います。医療機関で処方をうけることをおすすめします。
看護師、事務スタッフを含め、医療従事者はそのことをよくわかっているので、
市販薬を飲むことはありません。

さらに、

飲み薬だけで症状が抑えられる方もいれば、
鼻づまり、鼻水など、鼻の症状がつらい方、
目が涙が出て仕方がない方など目に症状が強く出る方など、

一人ひとり異なるものです。

妊婦さんや授乳中の方でしたら、
自己判断でお薬を選ぶのもやめておいた方がよいです。

 
【アレルギーの原因をつきとめることもできます】

さらに、どの花粉、どんな物質にアレルギーを持っているのか、
簡単な血液検査で調べることもできます。

⇒どの植物に反応するかを調べれば、飛散時期に合わせて予防することもできますね。
 
【通院ペースを含めてご相談ください】

月に一度、シーズン中、通院するだけで済む方も多く、
思っていたより、通院のご「それほどでもなかった」という
お声もいただきます。(期間は個人差あり)

花粉症の薬を市販薬で済ませる理由の多くは、
「通院が大変」「通院が面倒」なことだと思います。

通院頻度も含めて、ご相談ください。
 


*************************************************

    高山クリニック TEL:03-5750-0078

*************************************************





通院頻度についてもご相談ください。


*************************************************荏原町・中延の内科 高山クリニック TEL:03-5750-0078

2018-03-17 18:25:05

花粉症・アレルギー