ブログ

HOME医師の紹介当院のご案内診療案内初心の方へ交通案内


 
<スマホサイトQRコード>
HOME»  ブログ»  予防接種»  インフルエンザ感染したかも!?早期発見は高感度ウイルス検出装置で

インフルエンザ感染したかも!?早期発見は高感度ウイルス検出装置で

インフルエンザ感染したかも!?早期発見は高感度ウイルス検出装置で

*************************************************

【インフルエンザウィルスに感染しているかどうか調べます】

当院ではインフルエンザかどうかの判定に富士フィルム社製の分析装置を使用。
インフルエンザウィルスを高感度で検出することができるので、
簡易キットと比べてウィルスの量がまだ少ない発症初期でも検出が可能です。

数年前に導入以来、その効果は実感しており、
「ちょっと熱があるけど、インフルエンザかどうかわからない」
「熱はそれほどでもないけれど、家族でかかった人がいる」
「関節痛・頭痛・筋肉痛がある」など、

症状や体温だけではわかりづらい発症初期の患者様でも、
早期の発見ができるようになりました。

 インフルエンザ高感度判定装置

【インフルエンザ感染症の治療薬、ふだんの風邪とは異なります】

インフルエンザの治療薬は普通の風邪とはことなるため、
それと分かったときにはインフルエンザウイルス用の薬
「抗インフルエンザウイルス治療薬」を使用します。
「タミフル」「リレンザ」等のお薬の名前は話題になることも多いので
ご存知の方も多いと思います。


このように、早い段階でインフルエンザに感染したことが
判定できる意義は大きいと考えております。
早期に治療することで周囲への感染も最小限におさえることができます。
お年寄りや小さなお子さん、受験生を抱えるご家庭ではなおさらです。

【怖い合併症】
治療が遅れると、小さな子供さんの場合は「インフルエンザ脳症」、
高齢者の場合は「肺炎」といった合併症で死亡・重症化することも
ありますので、やはり早期発見・早期治療大切です。

【とはいえ、やっぱり予防が第一】
とはいえ、まずはかからないように予防することが大切です。
まずは「手洗い、うがい」をしっかりと行い、できれば重症化を防ぐためにも
「インフルエンザワクチンの接種」を済ませておくことがおすすめです。

そして、体調が悪いな?と思ったら早めに医療機関を受診してください。

当院でも昨日、インフルエンザウイルス(A型)に感染された
患者様がいらっしゃいました。
流行期に入っておりますので、
みなさまどうぞ、お大事になさってください。

*************************************************

胃カメラ(経鼻・経口内視鏡)検査

生活習慣病(高血圧・糖尿病・高脂血症・痛風等)

睡眠時無呼吸症候群  ・禁煙外来  

    高山クリニック TEL:03-5750-0078

*************************************************


 

2017-10-20 11:33:19

予防接種   |  トラックバック (0)

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://www.takayama-cl.jp/app/TrackBack/receivetb/SID/x9363775/EID/5

トラックバック記事一覧