品川区 内科 消化器内科 内視鏡検査 経鼻内視鏡検査 睡眠時無呼吸症候群

医師の紹介

HOME医師の紹介当院のご案内診療案内初心の方へ交通案内
HOME»  医師の紹介


 
<スマホサイトQRコード>

ご挨拶

院長 高山 昇

【ご挨拶】

医師を志して以来、いつかは生まれ育った地元(出身校は昭和大学
ご近所の亀田幼稚園OBです。)の役に立てるようになりたいと思っておりました。
先輩医師、向井常人先生のご縁あって、荏原町商店街に開院させていただくことができました。
おかげさまで開院20年、改めて、通院してくださる患者様、荏原町商店街の皆様、
見守ってくださった皆様に御礼申し上げます。
 

【診療方針-これまでも、これからもー】

研修医時代からの指導医からの教え「患者様の全身を診ること」

 
当時の大学病院、大病院でも今ほど医療のIT化が進んでおらず、
入院している患者様の元を一日一回(いやいや、それ以上だった記憶があります)
毎日訪れて、体温・血圧等のチェックはもちろん、言葉を交わすことで、
実際に自分の目で患者様の容態を確認することが当たり前でした。
 
技術発展のおかげで、医療界でもIT化が進み、院内のどこにいても情報が共有化され、
院内端末からどこにいても患者様のデータを確認することができます。

とはいえ、数値化されたデータでは確認できない情報はあるものです。
 
  • 「今日は笑顔だったから、気持ちも前向きそうだな。」
  • 「辛そうでないか」
  • 「気分がよさそうか」
  • 「気持ちが落ち込んでいるのか」

挙げればきりがないのですが、実際にお会いし、診察して実感すること。
“感じるもの” については数字では表せない事が沢山あります。
 
そのような教えの元、問診、触診、聴診などを駆使して数値化できない部分、
言ってしまえば気分や気持ち」までを含め、患者様の状態を「感じ取ること」
であるという信念のもと、日々の診療を行っております


長くなりましたが、開院20年の御礼と挨拶に代えさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。

高山クリニック 院長 高山 昇

院長経歴

1987年 3月 昭和大学医学部 卒業
1987年 4月 昭和大学病院第2内科 勤務(消化器内科)
1987年 4月 昭和大学大学院 入学
1991年 3月 昭和大学大学院 卒業
医局在籍中に昭和大学病院、富士吉田市立病院、一般財団法人太田綜合病院附属太田熱海病院、医療法人社団 亮正会総合高津中央病院、昭和大学附属烏山病院、社会保険 八王子健康管理センタ-で研鑽を積む
1997年 高山クリニック開業

所属学会

  • 日本内科学会
  • 日本膵臓学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本睡眠学会

専門医・認定医

  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本医師会認定産業医

専門とする疾患

  • 一般内科
  • 消化器内科
  • 内視鏡検査
詳しい診療案内はこちら

一般内科 (高血圧・糖尿病・高脂血症・風邪外来)

高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風
風邪、扁桃腺炎、発熱、胸痛、むくみ、動悸、疲れ・疲労、だるさ、体重減少、立ちくらみ、嘔気、嘔吐、吐き気、胸焼け、食欲不振・減退、肩こりなど
 

消化器内科(お腹の症状全般) ・ 胃内視鏡検査

食道炎、胃潰瘍、胃炎、胃十二指腸潰瘍、胃十二指腸ポリープ、慢性胃炎、腸炎、肝炎、膵炎、胆石、急性胆のう炎など

診療方針
 

診療方針

3つの方針を重視した診療を行ってまいります。

1

患者さまの納得のいく治療のため、じっくりとお話を聞き、丁寧に治療説明を行います。

2

医療の専門家として、専門外の疾病については、他医院の専門医を迅速に紹介します。

3

健康管理は定期的なチェック&フォローが大切です。
患者さまの健康を最も理解した医療の専門家として、長くお付き合いいただける信頼関係を大切にいたします。

PAGETOP