品川区 内科 消化器内科 内視鏡検査 経鼻内視鏡検査 睡眠時無呼吸症候群

HOME医師の紹介当院のご案内診療案内初心の方へ交通案内
HOME»  睡眠時無呼吸症候群(SAS)

 
<スマホサイトQRコード>

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

 「睡眠時無呼吸症候群」とは

睡眠障害の病気のひとつで、心筋梗塞や脳卒中などの発症率が2倍になるとも言われる怖い病気です。

睡眠中に無呼吸を繰り返し、睡眠の質の低下をきたし、その結果、日中に眠くなる、熟睡感がないなどの症状を呈する疾患のことです。
集中力が低下するために、仕事の能率も悪くなり、交通事故の原因にもなります。
労働災害をまねくなどの社会問題に発展することも危ぶまれます。

肥満の人や女性も要注意!
肥満の人は脂肪が気道を狭くするためにかかりやすいのですが、あごの小さな女性も仰向けに寝た時に舌の根が気道に落ち込みやすいので同じように気道を狭くしてしまいます。

パートナーに指摘されることで気が付くことも多いのですが、ご自身でも以下のチェックリストを参考に睡眠の状態をチェックしてみてください。
 
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の定義
無呼吸(10秒以上の呼吸停止)をひと晩7時間の睡眠中に30回以上、あるいは1時間当たりに5回以上起こす病態。

この夜間の低酸素状態は、高血圧、糖尿病、心臓疾患、脳卒中などの生活習慣病とも密接に関係することから、今後、健診や人間ドックでも導入が推進されることが増えると考えられています。

 
チェックリスト! あなたは大丈夫?こんな症状、思い当たりませんか?

 いびきがしばらく止まったり、ガッガガガッという呼吸音を繰り返す
 日中、眠くなる
□ 夜中に何回も目が覚める
□ 夜中に何度もトイレに行く
□ 朝起きたとき、眠くてすっきりしなかったり、口の渇きを感じる。

※思い当たる方は睡眠時無呼吸症候群の可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群かどうかを確かめるには小さな検査装置をつけて眠るだけ。
簡易検査なら自宅で可能です。


 
以前は入院検査が必要でしたが、今は自宅で睡眠時にに検査ができるようになりました。

⇒検査には自宅でできる簡易検査と1泊入院検査がございます。

【簡易検査】 費用 約3,500円(3割負担の場合)

小さな簡易型検査装置をつけて眠るだけ。睡眠の質や睡眠中の呼吸状態を調べる終夜睡眠ポリグラフィー検査(Polysomnography)を行います。
ひと晩測定し、検査機器を医療機関に返却(宅配)すれば検査完了。

【1泊入院検査】 (提携先病院にて行う)

重症は上記の簡易検査でわかるが、軽症~中等度のSASのレベルの診断は1泊入院で詳しく調べます。
費用は入院した医療機関により異なりますがおおよそ4万円~7万円程度です。

どちらの検査を行うかは診察時に睡眠障害の症状をうかがって医師と相談の上、決めますが、まずは治療ハードル
の低い簡易検査から始める方が多いです。
検査の結果、重症無呼吸の場合は保険適用の治療になります。
 

 


 
治療の第一選択は睡眠時にCPAPシーパップという無呼吸予防マスクをつけることです。(持続陽圧呼吸療法)
寝るときに、気道に酸素を送り続けることのできるマスク(CPAP機器)を装着します。
使い続けることで症状が軽減、高血圧や糖尿病の数値が改善するケースも見られるほか、心筋梗塞や脳梗塞の発症予防につながります。

導入後は1ヶ月に一度の通院が必要です。

費用 1ヶ月 4,750円程度(自己負担3割の場合)






 
PAGETOP