品川区 内科 消化器内科 内視鏡検査 経鼻内視鏡検査 睡眠時無呼吸症候群

HOME医師の紹介当院のご案内診療案内初心の方へ交通案内
HOME»  禁煙外来

 
<スマホサイトQRコード>

禁煙外来

保険適用の条件

以下の4条件をすべて満たして医師が必要と認めた場合、一定期間の禁煙治療の受診に保険が使えます。

【1】健康保険等が適用される「禁煙治療を受けるための要件」4点を満たしていること。

「禁煙治療のための標準手順書」に記載されている
   ニコチン依存についてのスクリーニングテスト(TDS)の結果が5点以上

一日の平均喫煙数 × これまでの喫煙年数 = 200以上

1ヵ月以内に禁煙を始めたいと思っている

「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、
   その禁煙治療を受けることを文書により同意

【2】前回の治療の初回診療日から1年経過していること。

【3】健康保険等で禁煙治療が受けられる医療機関を受診すること。

高山クリニックは健康保険等での禁煙治療が可能です。

禁煙治療にかかる費用

禁煙治療(自己負担3割として)は、処方される薬にもよりますが8~12週間で12,000円~19,000円程度です。

[参考]
1日1箱喫煙する方の、8~12週間分のタバコ代>保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額と治療代の方が安くなる計算になります。(詳しくはお問い合わせください。)

禁煙の流れ

保険治療の一例となります。ご参考にしてください。

初回来院時
↓

治療法の説明、ニコチン依存度、喫煙状況、喫煙の関心度などのチェックを行います。その後、呼気中の一酸化炭素濃度の測定、禁煙開始日の決定等を行い、禁煙補助薬の処方を受けます。

2回目
↓

初回から2週目に再診し、喫煙状況の問診を受けます。呼気中の一酸化炭素の測定を行い、禁煙補助薬の追加処方を受けます。

3.4回目
↓

4週目、8週目の再診でも、呼気中の一酸化炭素の測定とともに、離脱症状の確認や対処法のカウンセリングや治療を行います。

5回目

12週目の再診が最終回、治療終了です。禁煙に成功していれば、そのまま禁煙を継続するためのコツを理解します。※保険で認められる通院回数は初診含めて計5回、 期間は約3ヶ月です。

健康保険等を使った禁煙治療スケジュール
PAGETOP

禁煙の効果について


高血圧、糖尿病、脂質異常症といった生活習慣病の改善にはタバコをやめ禁煙し、食生活を改善するなどの生活習慣を改めることが欠かせません。

なかでも、禁煙の効果は出るのも早く、喫煙歴が長くても以下のような効果が現れると言われております。

「自分は喫煙歴が長いから、今さらタバコをやめても意味がない」

あきらめずに、まずは禁煙することから始めてみませんか?
 

年禁煙できたら⇒冠動脈疾患のリスクがほぼ半減します

15年禁煙できたら⇒冠動脈疾患のリスクが非喫煙者と同等まで下がります

(動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版より)
 

※ 冠動脈疾患とは心筋梗塞や狭心症のことです。



 
PAGETOP