品川区 内科 消化器内科 内視鏡検査 経鼻内視鏡検査 睡眠時無呼吸症候群

診療案内

HOME医師の紹介当院のご案内診療案内初心の方へ交通案内
HOME»  診療案内


 
<スマホサイトQRコード>

内科一般(大人・小児)

高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風などの生活習慣病(成人病)を中心に、大人から子供まで、風邪や気管支喘息、咳喘息、アレルギー疾患など日常の体調不良全般の診療を行っております。
 

大人から子供までご相談ください
 

  • 風邪症状(熱・咳・痰、咳がとまらない、のどの痛み、下痢、嘔吐、吐き気)
  • 尿     (おしっこが出にくい、血尿、膀胱炎、残尿感、トイレが近い)
  • お腹    (下痢・嘔吐・吐き気・食あたり・発熱)
  • 咳・喘息  (咳が止まらない・長引く咳・痰が出る・ヒューヒュー音)
  • アレルギー(目のかゆみ・くしゃみ・鼻水)
  • 発疹が出た
  • 子供の腹痛・嘔吐・吐き気・食あたり
  • 子供の下痢・便秘
  • 子供の発熱・風邪
扁桃腺炎、発熱、胸痛、むくみ、動悸、疲れ・疲労、だるさ、花粉症、気管支ぜんそく、咳、アレルギー、麻疹、風疹、蕁麻疹、膀胱炎、体重減少、立ちくらみ、嘔気、嘔吐、吐き気、胸焼け、食欲不振・減退、肩こりなど

生活習慣病・・・高血圧・糖尿病・痛風・高脂血症・・・

高血圧症、骨粗鬆症、脂質異常症、心臓病、成人病、痛風、糖尿病、動脈硬化症、家族性高コレステロール血症、認知症など

職場健診等で以下のような指摘を受けたときにはご相談ください。 

  • 血圧が高い
  • 血糖値が高い
  • コレステロール値や中性脂肪が高い
  • 脂肪肝の指摘を受けた
  • 肝機能や腎機能の数値で指摘をうけた
  • ピロリ菌の除菌をすすめられた
その他、よくあるご相談
  • めまい・ふらつき
  • 最近、『もの忘れ』がひどいので心配だ
  • 親が『認知症』かも知れないので相談したい
  • 胸が締め付けられる
  • ドキドキする      など

初期段階では自覚症状がないことも多い生活習慣病。
しかし、生活習慣病の放置で怖いのは、命にかかわるような病気(心筋梗塞・心不全・脳梗塞など)に繋がる可能性があることです。
また、何か別の病気やケガで入院したり手術を行ったときに思いがけない合併症(心筋梗塞や脳卒中)で命に係わる事態が起こることがある点です。

職場健診の指摘を受けると、ドキッとして不安になると思いますが、今後の健康管理の良い機会です。早めに対応すれば、お薬に頼らずに経過観察で済む場合もございます。
まずは全身を診ることができる内科医にご相談ください。
緊急性を要するものかどうか、悪性を疑うものではないかを判断し、より詳しい検査・治療が必要な場合は適切に連携専門医に紹介いたします。
 

胃カメラ検査(経口・経鼻)


 

消化器内科 ・ 胃内視鏡検査

食道炎、胃潰瘍、胃炎、胃十二指腸潰瘍、胃十二指腸ポリープ、慢性胃炎、腸炎、肝炎、膵炎、胆石、急性痔、胆のう炎など 消化器病専門医が腹部の触診をはじめ胃カメラ検査、腹部エコー検査にて精査いたします。

たとえば、このような症状をお持ちの方・・・

  • 食あたり、下痢、嘔吐、腹痛
  • 血便が出た
  • 飲み込むときにつかえる感じがする
  • 飲み込むときにヒリヒリ感がある
  • すっぱいものが上がってくる
  • 胃が痛い、胃がしみるように痛む
  • 胸のあたりがムカムカする など
苦痛の少ない胃内視鏡検査についてはこちらのページをご参照ください。



 

風邪などの感染症(大人・小児)

のどの痛み、咳、鼻水、鼻づまり、発熱、頭痛、腹痛、下痢などの感染症が疑われる症状があるときはご来院ください。
 

①かぜ症候群

上気道の急性の炎症が原因で起こるものです。
のどの痛み(咽頭痛)、鼻水、鼻づまり、頭痛、発熱、全身倦怠感など、いわゆる『風邪』と呼ばれるつらい症状が現れます。
気管支や肺にまで炎症が広がると咳やたんが出ます。
子供や高齢者は肺炎に繋がることもありますので、安易に「たかが風邪」と放置せずに治療することが大切です。

②インフルエンザ

インフルエンザウイルスによる感染症です。
一般的なかぜ症候群と比較し、重症化しやすく、肺炎や脳症を合併することもあります。
インフルエンザには専用の『抗インフルエンザウイルス治療薬』を投与しますので、早い段階で感染しているかどうかを判定することが大切です。(⇒高感度インフルエンザウイルス判定装置について

③感染性胃腸炎・感染性腸炎・ノロウイルス

下痢・嘔吐・腹痛などのお腹に関係する症状が現れます。頭痛や発熱を伴うこともあります。ノロウイルスなどが原因ですが、感染力が強く、便や吐物から感染が広がりますので処理には注意が必要です。
体内のウイルスを排出することが大切なので、自己判断で市販薬の下痢止めなどを服用するとかえって悪化、医療機関で診断をうけることが大切です。
冬場が流行期であり12月~3月に多くみられます。
腹部症状のある患者様につきましてはベッドに横になっていただき、腹部の診察をさせていただきます。(消化器内科専門医が行います。)
たかが腹風邪と思っていても、緊急性の高い病気(例:急性虫垂炎(盲腸)や急性膵炎など)が隠れている場合もあります。下痢や腹痛、嘔吐の症状が出ましたら早めにご相談ください。

④ぼうこう炎

ご相談の多い感染症のひとつです。
女性に多いご相談です。
膀胱炎とは細菌感染により膀胱に炎症が起き、排尿痛、残尿感、頻尿などの症状が起こる感染症です。
原因は尿路から膀胱に細菌がはいりこみ、その細菌が繁殖することで炎症が起こります。
抗菌薬を投与しますが、自己判断で薬を止めると、かえって悪化することがありますので注意。医師から指示を受けたとおりの服薬、治療が必要です。

いびきのご相談(睡眠時無呼吸症候群)


睡眠時無呼吸症候群は高血圧等の生活習慣病と密接に関わる
睡眠障害という病気のひとつです。

詳しくは睡眠時無呼吸症候群のページをご参照ください。

いびき,睡眠時無呼吸症候群
 

禁煙のご相談


心疾患(心筋梗塞や心不全など)や高血圧、糖尿病をはじめ、
ガンや肺の病気のハイリスク要因です。

約3か月間(12週間)の間に5回の通院が必要です。

保険診療で治療を行うための要件などの詳しいことは
禁煙外来のページをご参照ください。


 

連携医病院/クリニック
 

 

大学病院・病院

  • 昭和大学病院・昭和大学病院附属東病院
  • 東芝病院
  • NTT東日本関東病院
  • 東邦大学医療センター大森病院
  • 東急病院
  • 荏原病院
  • 松井病院

近隣クリニック・診療所

【婦人科系】
  • 旗の台レディースクリニック(婦人科) /旗の台駅
  • 城南レディースクリニック(婦人科) /旗の台駅
【整形外科系】
  • もろおか整形外科 /荏原町駅・馬込駅
  • さかもと整形外科 /荏原町駅
【皮膚科系】
  • 荏原町皮膚科 /荏原町駅・馬込駅
  • 瀬底皮膚科 /旗の台駅
【心療内科系】
  • えばらなかのぶクリニック(心療内科) /荏原中延駅
  • 旗の台メンタルクリニック(心療内科) /旗の台駅
【乳腺外科系】
  • かしわせクリニック(乳腺外科) /荏原町駅
【眼科系】
  • 久保眼科 /荏原町駅・中延駅
  • 和田眼科 /荏原町駅・馬込駅
【耳鼻咽喉科系】
  • こばやし耳鼻咽喉科 /旗の台駅

など、近隣の整形外科、耳鼻科、皮膚科、歯科等にもご紹介。


「大学病院へ行くほどではないが、専門医が診ることが望ましい」場合も近隣診療所へ速やかに紹介いたします。
高山クリニックを「全身を診る内科医」として、それぞれの専門医への橋渡し役としてお役立てください。


お薬を服用されていらっしゃる方、ご自身での経過の説明等に不安のある方は紹介状をご用意いたします(*有料)ので、お申しつけください。

PAGETOP